JPFA

〒160-0004東京都新宿区四谷1-15 アーバンビルサカス8-C 3F

03-6909-7222 (11:00〜17:00 / CLOSED 土・日・月・祝)
お問い合わせ 資料請求

アイキャッチを考える

2016.01.14

こんにちは。
JPFAプリザーブドフラワーでお仕事ブログを担当させていただいております、
世田谷区世田谷エリアで「アトリエふゆ」を主宰の山原布由と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

第1回目は『器選びについて』、第2回目は『百貨店で人気の色合わせ』、第3回目は
『商品ターゲットを考えてデザインする。』がテーマでした。
第4回目の今回のテーマはこちらです!

第4回☆アイキャッチを考える☆

私達が何らかの商品を購入するとき、同じ製品で沢山の種類が並んでいたら、一体何が
購入商品を選び抜くポイントになるのでしょうか?
そのポイントが、『アイキャッチ』だと私は理解しています。
花売り場に沢山の赤いバラのアレンジが並んでいるとします。
その中からお客様に選んでいただくには、やはり目立たなくてはなりませんね!
では、どのように目立つか・・・☆
私がポイントにしているのは以下の2つです。

①目立たせる素材は何にするのか・・売り場の雰囲気を上手く生かせる
目立たせ方にしましょう。百貨店では、照明が強い、というのがひとつあると思います。
②目新しい題材は何か・・世間の流行に敏感になることも大切ですね。

以上、2つをポイントに、花器・リボン・ピック・その他の副素材をアイキャッチとして
存分にその個性を引き出してみてくださいね。

商品ターゲットを考えてデザインする

2015.09.29

こんにちは。
JPFAプリザーブドフラワーでお仕事ブログを担当させていただいております、
世田谷区世田谷エリアで「アトリエふゆ」を主宰の山原布由と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

第1回目は『器選びについて』、第2回目は『百貨店で人気の色合わせ』がテーマでした。
なので、第3回目の今回のテーマはこちらです!

第3回★商品ターゲットを考えてデザインする★

私が百貨店商品をデザインするときには、まずは選択した花器をよく眺めて、
どのようなデザインが似合いそうなのか、いろいろとイメージしてみます。
そして、なんとなくおおまかなデザインが決まった時点で、
対象とするお客様のイメージを浮かべます。
そのお客様は何歳くらいでどんなお好みなのか、、、etc
今回、選択した花器は、モダンでシンプル。
置くフレームタイプで個室のベッドサイドや家具の上に飾ると映えるイメージ、、
そんなことを考えながらおおまかなデザインイメージで浮かび上がったお客様は、
お若い女性。
なので、30代までの女性にギフトとして選ばれそうなアイキャッチと
色合わせを配置することに決めました。
前回もお伝えしましたが、沢山の商品が並ぶ百貨店では、
アイキャッチが重要になります。
アイキャッチと一言で言ってもいろいろありますね。
なので、次回は、アイキャッチについてお話ししたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。

お客様に好まれる色合わせとは?

2015.06.04

皆さま、こんにちは!
世田谷区世田谷エリアで「アトリエふゆ」主宰の山原布由と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

『プレシャスプリザーブドでお仕事ブログ』、前回は器選びのポイントについてお話ししました。
第2回の今回は、バラの色合わせについてお話ししたいと思います。

百貨店商品は基本的に万人受けする色合わせを念頭に置かなくてはなりませんが、
更に色合わせのバリエーションの多さも売り上げに左右します。
百貨店で万人受けする色合わせを大別すると、、
1、売り場の照明に映えて、パッと目線が行く目立つ色合わせ。
2、『綺麗!』『可愛い!』『素敵!』など、お客さまのお好みのデザインとマッチしている色合わせ。
以上2点があげられるかと思います。

1についてお話しますと、具体的には濃いめで鮮やかな色。
チェリーレッド・ホットピンク・ゴールデンイエロー・シュガーピンクなどは私が必ず使用する色です。
これらの色はインテリアをあまり選びません。
色々な色が散らばっている、例えば家庭のリビングや居間のような空間でも
存在感を主張するアレンジとなります。
なので、贈答用には無難に向いているかと思います。

2については、お客様の年代が左右します。
それぞれの年代のお客様に好まれるデザインがあります。
そして、そのデザインに合う色合わせがお客様の目を引きます。
お若い年代はシックな色合いもよくお買い上げいただきます。
ソフトライラックやコットンブルー、ピンクオーパル、グリーンティーなど。
これらの色合いを使ったデザインで、売り場の中で存在感を出すのは少々難しいですが、
なれるとコツが分かってきますよ。
そして比較的年齢が高いお客様はやはり濃いお色を好まれる傾向が強いです。

どんな商品でも、色のバリエーションが豊かだとより目をひきますね。
また、制作場所の照明と百貨店の照明は大きく違うことも多いので、
納品してみたらなんだか目立たないわ・・なんて経験もあります。

いろいろと試行錯誤しながらがんばりましょう!

最後まで読んでくださりどうもありがとうございました!

はじめまして!

2015.03.11

『この度、JPFAブログを担当させていただくことになりました、

世田谷区世田谷エリアで「アトリエふゆ」を主宰しております山原布由と申します。

どうぞよろしくお願いします。

プレシャスプリザーブドさまには2012年より納品させていただいております。

店長はじめスタッフの皆様の温かいご指導のもと、お客様のニーズやお好みについての沢山の気づきと共に、プロとしての技量を磨くべく、他のデザイナーの先生方と切磋琢磨してまいりました。

今回は、そんな「アトリエふゆ」が新たにプレシャスさま向け新商品を開発する様子をお伝えします。

第1回☆器選びは重要ポイント☆

沢山の商品が並ぶ百貨店では、アイキャッチが重要になります。

万人のお客様に目を留めていただくデザインにするには、器も重要な要素になりますね。

 

そこで、今回新たに投入するのは、、、

陶器製のフレーム型花器です☆

シンプルながら綺麗なオフホワイトでインテリアを選ばないこともいいですね。

専用のクリアボックスに綺麗にきっちり収まる点も、配送になる可能性が大きい百貨店商品には欠かせないポイントです。

 

フレーム型花器のメリットは、場所をとらないこと。

そして、絵画のようなデザインも可能ですね☆

 

さて、どんなデザインを編み出していきましょうか、、。

次回はデザインについてもお話しさせていただきますね。

プレシャスプリザーブド

 

プリザーブドフラワーでお仕事
PRECIOUS PRESERVED
に出店!

山原 布由さま
  Atelier Fuyu アトリエふゆ (東京)
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻
TEL 070-14240037
atelier-fuyu.com
「プレシャスプリザーブド」での販売にも積極的に参加。世田谷のAtelier Fuyuアトリエふゆ主宰 山原布由の日々の仕事ぶりをチェックしてみてください。

  • Preserved Flower
  • Art Flower
  • PAGE TOP