JPFA

〒160-0004東京都新宿区四谷1-15 アーバンビルサカス8-C 3F

03-6909-7222 (11:00〜17:00 / CLOSED 土・日・月・祝)
お問い合わせ 資料請求
Month:

12月 2015

PRESERVED PHOTO Calendar 1月のご紹介

2015.12.31

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年のカレンダーのテーマは、「プリザーブドフラワーの魅力」Variation of preserved flower・・・
プリザーブドフラワーならではの作品、プリザーブドフラワーだから出来る事です。

PRESERVED PHOTO Calendar 1月の担当は
JPFA理事校アペルティオー・フローリス 川瀬珠美先生です。

1

JPFAのプリザーブドフラワーカレンダーも2006年から始まり、今年で11冊目になります。
11年の長い歳月ですが、1月を担当させて頂くのはこれで初めてなのです!

テーマが、プリザーブドフラワーの魅力という事で、プリザーブドフラワーならではの
デザインを考えましたら、メリアが真っ先に頭の中に浮かびました。
花びらが生花のように柔らかく、枯れることがないわけですから、1枚1枚張り合わせて
形を作っていくデザインにとても適したお花なのです。
このメリアスタイルを器に作り上げ、メリアアレンジを制作しました。
1月なので、和テイストな小物、寿花菊飾りを間に挟みながら完成させ、
ちりめん玉水引をあしらいました。

今回は、丸い器でメリアアレンジを制作しましたが、四角の器に制作してもモダンな感じに仕上がるでしょう。

是非、皆さんもメリアアレンジにトライしてみて下さい!

桂由美ブライダルハウス東京本店さまディスプレイ

2015.12.15

2015年11月19日よりクリスマス用のディスプレイを担当させていただきました。
とびきり素敵な場所での、華やかな季節を彩るウインドウディスプレイ。
わたしにとっては身に余る大役でしたが、かねてから、大きな空間を演出する
お花の制作には大変興味を持っておりましたので、緊張しながらも意欲的に
取り組ませていただきました。

023

028
デザインは、紅白スクエア型のトピアリーツリー、二段重ね。
実は3年前のJPFAコンテストで入選した私の作品の写真に、先方ご担当者の
藤原様がご興味をお持ち下さったのがきっかけで、同じモチーフで、試作品制作を
重ねて参りました。
しかひ、藤原様による、桂由美テイストが加わることで、結果的には、3年前の私の
作品からは、はるかに飛躍した、煌びやかな作品に完成いたしました。

自宅アトリエでお花と向き合うだけでは決して生まれることのない、
現場の豪華な建物と、上質のドレスならではの空間にふさわしいお花。
日頃はシンプルになりがちな自分の作品が、どれだけ豪華にしても豪華に
なりすぎることのないような空間をお借りすることで、一気に作品の幅が
広がった気がします。

115

具体的には、フロールエバー様からご協賛いただいたお花を紅白に二段重ね。
枝は白と金の二色使い。リボンワールド様からご協賛いただいたリボンは、枝と
枝の間にさりげなく入れ、ふちどりの飾りが、まるでバラのとげのようにも見える
ような形で使わせていただきました。

また、このたび重要な一翼を担ってくれたのが、ロゴやバラを象ったキラキラオーナメント。
こちらは前期のご担当され、グルーデコの資格もお持ちになる唐沢千加子先生
(ポワ・ドゥ・サントゥール主宰)の、手の込んだ素敵な作品です。

121
何度も重ねた打ち合わせでは、藤原様の発案力と即決力が、毎回大変刺激になり、
毎回意欲も増していきました。

このような貴重な役割をくださいましたJPFA諸先生方、ならびに恩師の村田さとみ先生
(メイフェアフラワーズ主宰)には、改めて深く感謝いたします。

多くの皆様の温かいお導きと、JPFA所属の一員としての誇りを支えに、懸命に取り組ませて
いただきました。皆様にご覧いただければ幸いです。

Bamboo SALA 湯澤 悦子

PAGE TOP