TOPへ

理事挨拶

現在注目のプリザーブドフラワーですが、日本では数年前までほとんど知られておりませんでした。

1995年、石川妙子が留学中のパリの街角で偶然見つけた不思議なお花、 それが「プリザーブドフラワー」でした。
すぐにその魅力のとりことなった石川は帰国後に専門アトリエを開校。
いち早く石川のもとに集まった全国のデザイナーの中から ブーケが印象的な田島裕子、色使いが際立っていた八木朋子、 アレンジをはじめ技術力で定評のある川瀬珠美、 2000年4月にJPFA「日本プリザーブドフラワー協会」を設立いたしました。

当時のプリザーブドフラワーは色数も少なく、 品質がかなり不安定でしたが、破損を防ぐ箱の開発、 カラー展開のアドバイスなど現場と市場の意見をメーカーへ伝え、 徐々に良質で安定した商品が供給され、 現在では一般へ広く浸透することができました。
そして同じくJPFAもしっかりとした専門技術とセンスを普及する団体として、 北海道から九州まで全国に認定校4校、 登録・認定教室200校と一番大きな団体に成長いたしました。

プリザーブドフラワーを習ってみようと思われている方のほとんどが、 お花初心者の方です。
プリザーブドフラワーは必要な時に時間を有効に活用できることから、 面倒な生花の扱いと違い、子育て等で外出が困難な主婦や、 仕事で忙しい女性でも時間を有効に活用して習うことが可能です。
特にJPFAでは、ほぼ全ての都道府県で習えるお教室があることも 大きな魅力です。

また、昨年からは二年連続でブライダルファッションの第一人者 桂由美氏のパリコレにブーケ、ドレス&会場装花を担当。
よりブラッシュアップしたいという希望者は パリコレの舞台を作り上げるという貴重な経験も体験することが可能です。

JPFAでは今後もさらなる技術・センスアップの追求と、 会員の方々がプリザーブドフラワーで活躍できるチャンスを 得られるようサポートし、 花のある生活で豊かな彩りを添えられることを切に願っております。

日本プリザーブドフラワー協会